スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッシュ

2009年08月04日 23:57

コラム久しぶりに書きます。ラッシュについて
これも自分の考えの範囲で書くんで参考程度に。


①ラッシュの効果

そもそもFPSにおいて多人数 対 少人数を見比べたとき多人数が有利な立場に立てるのは常識
それをラッシュをすることによってサイト制圧するために攻め込むことを意味します。
2対5 もっとよければ1対5なんて場面もラッシュすることによって作るわけで、圧倒的に有利に立てる
全員のHPがあまり削れることなくサイト制圧できるのも魅力の1つ。特にARが効果を発揮します。


②ラッシュの基本形
ラッシュの基本形はマップやサイトによって違うけど、基本ARが前に出るのは変わらないかな。
そして必ず固まっていくこと、1人1人出ていっては1:1で不利になります。必ず固まっていくこと
集まりを早く。集まれば5秒以内にラッシュをかけるのが重要になってきます。
タイミング悪くHEがきたりしてはそのラウンドを落としかねないからです。
サイト制圧するに当り、あらかじめ役割分担を決めておくのも良いです。全員同じ方向を向いていても
仕方ない。せっかく最大人数分の5箇所も違うとこを見れるわけですから有効に使いましょう
マップによって違いますが投擲物を入れるのも有効ですが、SBに関してはあまりオススメでは
ないです(あくまでもマップによってですが)。相手だけでなくコチラからも見えないためクリアリングミスが起こりやすく、逆効果になることもあります。注意が必要です。
SRなんかは投擲物を投げるのには最適じゃないかな。敵がいそうなところにHEやサイト制圧するため
FBを投げたり、ラッシュに参加しにくいSRなんかはサポート役にまわったりするとAR側からしても
とてもありがたいことです。


③投擲物の使いどころの例
②で最後のほうにあげた投擲物。HE FB SBなどがありますが、HEはともかくFBとSBは使いどころが
わからないとか難しいとか効果が薄いなど様々な理由で使わないケースが多いです。実際自分も使い
ませんがつかったほうがいいのは間違いないです。その具体的な例を挙げてみることにします。
実際の動画があればいいのですが、次回アップすることにします。
・FB
SAOMTの決勝で#AoNが使ったことによって有名になったPVのAサイトになげるFB
投げた方は軽く動画で見てください。




相手側からはこうなる。※即席で撮ったため少し効果が薄いです

・ゴミ箱にいる敵の視点







・三角にいる敵





・荷物裏にいる敵





・荷物裏にいるSRの視点




1つのFBで広範囲に広がります。効果は投げ方次第ですごくかわってきますので研究してみて
ください!今回のサンプルは正直失敗です。成功すれば効果はすごい持続します。試してね!



・SB
自分たちも使うDRの橋からBになげるスモーク
投げ方は以下です!この投げ方が一番きれいにきまります




・相手視点

名前しかみえませんね。




さらにもう一工夫加えるとココからもきれいになげれます。
投げ方は以下




・相手視点

簡単な投げ方です。




④SRの動き
SRは時として囮として非常に役に立ちます。囮というのはSRの人が1人目として先頭に立ち
そちらに敵の気をとらせて後からきたARでその敵をたたくというもの。
たとえば有効なのがOTのAサイト。まずSRの人がハンドガンで先頭にたち残りのARがそれについで
いって、敵を確実に倒すこと。見方のSRを殺されないようにAR陣の頑張りが必要になってきますが
高確率でサイトの制圧が可能になります。
ではなぜSRを先頭に立たせるのかというと、サイト制圧後もSRが対峙するのはSRの場面が多いから
HPが少なくても1発で大体勝負がつくSRにHPが必要ではないから。ARと対峙すれば仕方ないが
大抵1発で倒せるのでそこまで被弾はないであろうということ。言い回しが少し難しいですね
簡単に言えばSRはHPが多かろうが少なかろうがSR勝負の場面になれば1発で勝負がつくから
HPはいらないから先頭にたって囮にたつということです。
そしてラッシュ時にSRの人は止まってはいけません。ハンドガンで確実にHSで倒せるように勤める
制圧後はなるべくロングやSRが来そうなところを見る。などの動きが必要になってきます。
この一連の流れは慣れが必要なので練習してみてください



まだまだ追記することはたくさんありますが次回にしておきます。



新しい記事(*゚ー゚)♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。